アドルフに告ぐでめぐる神戸の旅 本文へジャンプ
 

有馬温泉の街並み

「アドルフに告ぐ」の(ワイド版第3巻P207、文庫版第3巻P267)をご覧ください。一番上のコマに有馬温泉の街並みの様子が描かれているのがわかります。また(ワイド版第1巻P253、文庫版第1巻P255)にもアドルフ・カウフマンが日本の反対側の町に辿り着いたと、有馬温泉の街並みを見て喜ぶシーンがあります。今回当時の戦前の有馬温泉の様子を写した写真を手に入れましたのでご紹介します。

戦前の有馬温泉の写真
「日本地理大系第7巻近畿編」昭和4年発行より
戦前の有馬温泉の様子です。家々や旅館などが山の緑に囲まれて点在している様子がよく解ります。特に第3巻に描かれた有馬温泉の街並みの風景と非常に雰囲気が似ております。

現在の有馬温泉
同一箇所ではありませんが、現在の有馬温泉を山の上から眺めた様子です。戦前の有馬温泉と比べるとホテルや巨大旅館に変わってしまいまして、街並みの雰囲気はかなり違っていると思われます。
戻る次へ

ワイド版第1巻、文庫版第1巻へ戻る
ワイド版第3巻、文庫版第3巻、第4巻へ戻る
「場所で調べる」の六甲山、有馬温泉、灘区、東灘区へ戻る

このページのトップへ戻る
ホームへ戻る

  Copyright (c) 2011 KEI All Rights Reserved.